社員紹介 Profile

Webエンジニアとして働く 社員紹介

常に技術の最先端に立ち、日々、自分の成長を実感できます。 ECサイト・IT系企業 エンジニア

未経験でも安心して、キャリアをスタート

「人の役に立つ仕事がしたい」という想いから、大学卒業後はリハビリ施設で生活指導員として働いていました。しかし、仕事自体にはやりがいを感じていたものの、自分自身のスキルアップが感じられず、いつしか、このままでいいのだろうかと思うように…。そこで思い浮かんだのが、エンジニアの仕事。ITスキルが身につくのはもちろん、何よりも、効率的なシステムをつくりあげることで、人の役に立てる仕事に魅力を感じました。

IT業界への転職を決めると早速、エンジニア向けの参考書を読んでみたのですが、全く理解できず…。これはまずいな、と不安になりました。そして未経験者を受け入れてくれる会社はないかと探していた時、出会ったのが、ラクスでした。3カ月間にわたる充実した新入社員研修があり、また、職場の雰囲気が明るくオープン。しかも同期が14人もいる。「ここなら安心して、エンジニアとしてのキャリアをスタートできる」と思えたのです。

入社後、何よりも心強かったのは、同期たちの存在です。ゼロから学ぶプログラミングの勉強は当初、ついていくのが精一杯。そんな中、自分と同じようなレベルの同期たちと切磋琢磨しながら、スキルを身につけることができました。思えば、新入社員研修では、現場で必要なことを過不足なく教えてもらえました。現場に出ている今、それがよくわかります。どんな業務を前にしても、「研修で学んだ○○だ」とつかむことができるのですから。当時は辛いと感じたこともありましたが、頑張り抜いて良かったです(笑)。

勉強意欲を刺激する環境のもと、着実に成長

常駐先では、一緒に配属された先輩に、仕事面でもメンタル面でもサポートしていただいています。「何か不安なことはない?」といつも気にかけてくれて、時には一緒にごはんに行ったりも…。ただし、仕事は、「手取り足取り」という感じではなく、ポンと任される。そうして、自分でやってみて分からない部分を先輩に聞いて、実際につくって動かして、テストして…とトライ&エラーで進めます。これまで手がけたプロジェクトで印象に残っているのは、ある集計結果を表示するための管理画面の開発。集計処理が難しく苦戦しましたが、納期をしっかり守って無事リリースした時は達成感を覚え自信もつきました。

最近、自分の成長を感じるのは、任せてもらえるプロジェクトの規模が大きくなったこと。開発のプロセスの中で、自分で見直してより良いパフォーマンスを目指す余裕も出てきたし、先輩のダメ出しもぐっと少なくなりました。とはいえ、まだまだ知識もスキルも発展途上。会社に戻って、同期や先輩と話すと、「みんな、自分より先を行ってる」と焦ることもあります。でも、それが刺激になり、自分も負けずに頑張ろうという意欲につながるのです。常に新しい技術に触れていることが実感できるのがうれしいですね。

ラクスは勉強意欲がある人に対してはとことん熱い会社。自由に参加できる勉強会がたくさんあるし、資格取得にかかる受験料は全額補助、技術書の購入については3ヶ月で15,000円まで補助金が出ます。今後もこの好環境をフルに活用して勉強を続けて、より大規模なプロジェクトを任せてもらえるようになりたいと思っています。

1日の流れ
午前9時30分 出社。
メールチェック、一日のタスクを確認後、業務開始。管理画面の設計を行います。
午前11時 プロジェクトの進捗状況を先輩に報告します。
正午 常駐先の会社の人たちとランチ。時々、外に出て美味しいものを食べてリフレッシュしています。
午後1時 ミーティング。
システムを運用している方の要望をヒアリングし、どうつくっていくか考えてまとめます。
午後3時 業務再開。
管理画面を実装し、テストした結果を踏まえ、修正をかけます。
午後6時 翌日のタスク確認。
午後6時半 退社。

三種の神器 これだけはかかせない・・・!

  • チョコレート

    デスクワークに集中し続けていて、疲れたなあと思ったら、脳に栄養を与えるために、チョコレートを食べます。

  • 方眼ノート

    考えがまとまらない時は、ノートに書いてみるのがいちばん。図が描きやすい方眼ノートは必須アイテムです。気になるワードがあると、メモったりもしています。

  • 目薬

    ブルーライトなどの光ダメージをケアする目薬を常備。パソコンのモニターを見続けて疲れた目に一滴!

ページの上部へ

株式会社ラクス Webエンジニア採用 Facebook 株式会社ラクス Webエンジニア採用 Facebook